FX取引で用いられる指標とは一体何の事でしょう?

fsd79979 現在、世界中のトレーダーが様々な指標から株価を分析しており、知っておいて損はありません。

現在の株価の価値を分析する手法としては、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。FX取引や、オプション取引をする上で、かかせない分析方法です。更にテクニカル分析にはトレンド系とオシレータ系という2種類の分析方法に分けられ、通常、FX取引で指標と言うと、トレンド系テクニカル分析における「テクニカル指標」の事を指します。

テクニカル分析とは、これまでの株価の値動きや相場の傾向などを、チャートを使用しつつテクニカル指標を予測していく分析方法です。端的に言うと、テクニカル指標は売買を行うタイミングを判断するための分析手法と考えれば良いでしょう。

テクニカル指標はいくつかの種類に分けられます。相場の方向であるトレンドを示すトレンド系テクニカル指標は、相場における大まかな流れを示します。中でも代表的なものが「ローソク足チャート」であり、始値・高値・安値・終値の4つの値をローソクの形で表したもので、日本における動向指標として幅広く用いられています。また、移動平均と値動きの幅を示す線で株価の動向を表したボリンジャーバンドというものもあり、こちらもトレンド系のテクニカル指標を示す一般的なものとして普及しています。

ボリンジャーバンドは一定期間の終値の平均値をグラフ化した移動平均線を軸に、その外側の上部に+1σ(シグマ)、+2σ、+3σ、下部に−1σ、−2σ、−3σで示された補助線が描かれています。これによって株価の勢いの上下や反転の目安を推測し、売買のタイミングを図る手法です。

もしチャートの外側上部の+σで示された補助線の外に出るような株価変動があった際、+2σを上回る状態では「売り」の、−2σを下回る状態では「買い」のシグナルが示されていると推測されます。また、トレンド系テクニカル指標においては、通貨売買対象国の経済状況などといった外的要因は考慮しませんので、株価の値動きのみを基にして売買のタイミングを推測します。

オシレータ系テクニカル指標とは、売られ過ぎ・買われ過ぎといった状況を一定の範囲内で示したもので、相場の強弱や市場の動向を示します。オシレータとは英語で「振り子」という意味があり、数値が振り子の様に揺れ動くことから名付けられました。この指標にはRSI、ストキャスティクスなどの種類が存在します。

一方でファンダメンタルズ分析とは、取引における通貨売買の対象となる国の経済・財務状況、政治などの外的要因などを考慮しつつ値動きを予想する方法です。レートの値動きのみを予測対象とするトレンド系テクニカル指標とは真逆のタイプと言えるでしょう。市場の方向性が予測しづらい場合に使われる事が多い指標と言えます。一般的には中長期的な為替レートの変動を予測するのに用いられます。こういった分析方法は、バイナリーオプション 攻略 チャートを立てる上で大変役立ちますので、しっかり学習しておきましょう。